BANJO入道's PLAYGROUND

バンジョーと山をこよなく愛する遊蕩おやじの絵日記。ボーダーコリー犬「バロン&シャルロット」との日常などなど・・・。うたかたの日々を綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上野原のあんどうなつ

Mixiの日記にも書いたのだけれど、ブログに載せないと片手落ちなので認めます。

竹皮の箱を開けると、
1398210071_132.jpg

こんなふうにお行儀よく
IMG_0966.jpg

和洋を問わず甘いものが好きだ。ティータイムにはもちろん、食後や、お酒を飲んだあとの甘味、なんて美味いのだろう。お酒はやめられてもこちらはやめられないかもしれない。

大きさはこんなもん。

1398210071_54.jpg

うまいんだ、これ!パクッ。

1398210071_210.jpg


これまでに、あれやこれや、いろいろ食して来た訳だが、まだまだ知らない美味しいものがある。
甘味好きのmixiフレンドのKeiさんが教えてくれた「上野原のあんどうなつ」を食べたくて、先月八ヶ岳の帰路に高速を降りてみたが、ちょっと時間が遅くてお店はすでに閉まっていた。残念!。こうなると私の性格上、なにが何でも、と言うことになる。
土曜日にいっちょう上野原まで車を飛ばして・・・、なんて考えがもたげて来るのを必死でこらえていた。そんな時に携帯が鳴った。なんとKeiさんからであった。
「いま穂高の帰りでちょうど上野原であれ買えたから送ってあげるよ・・・。」

まさに、「意思あるところに道は通じる 」ですな。

keiさん、なんていい人なんでしょう!!。いやも応もない。図々しくも住所を告げて送ってもらうことにした。なんと食い意地の張ったやつなんだ、ぼくは。

そして日曜日、ついに恋いこがれた「上野原のあんどうなつ」と対面できました。

竹皮の箱に収められたあんどうなつは小振りで、焦げ色が程よい。
ひとくち口に含むと、良質の揚げ油と小豆の香り、うまい!表面のカリカリと生地の弾力、甘すぎない餡とまぶした砂糖の調和。バランスが優れているのだな。こんな稚拙な文章ではとても表現できない。食べてみられることをお勧めします。

【データ】
菓子処 植松
国道20号新町2丁目交差点角
上野原市上野原578
0554-63-0107
  1. 2010/01/27(水) 13:49:31|
  2. うまいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

沢初め


IMG_2649.jpg

さてさて、週半ばの木曜日にちょいと抜け出して沢登りに行きました。
なんと今年の初沢登り。え、この寒いのにシャワークライムかよ。
メンバーは大ベテランのミンミンさんと、頼もしき青年カワハギさん。


丹沢でもなるべく南面に位置する凍らない沢を選んでいただいたミンミンさんに感謝。つららの1本や2本、いやひょっとするとベルグラかと覚悟していたが、温暖な日でもあったし、とても快適な沢登りを堪能しました。

堂屋敷沢(新田川)という葛葉川水系の沢。
遅い出発でも夕方には自宅に戻れる、なんともコンビニエンスな沢、かといって、なかなか手強い滝も秘めた素晴らしい沢でした。
P1210442.jpg

葛葉の泉への道分け、菩提マス釣りセンターのさらに奥が取り付き。最初はつまらない堰堤が続くがやがて沢登りらしい雰囲気になって来る。F1が現れてやっとスイッチがオン。F2は約8メートルの垂直の滝、ここでロープを出し、カワハギさんリード。3級くらいか。ゴルジュ帯もあるし、樋状のところをステミングで登ったり、結構面白いじゃん。

IMG_2640.jpg


で、この沢の核心、大滝F6(12メートル)、
水流左側のクラック目指してカワハギさんリードで臨むも、右上する先の様子が定かでないので、一度クライムダウン。ピトンの効きも悪い。脆いのだ。今一度オブザベーションして再トライ。見事に抜けた。

P1210456.jpg

F6、12メートルの滝を攀じるミンミンさん。
P1210459.jpg


で、次は私の番、出始めのホールドがいきなり立て続けに剥がれ落ちた、かなりテンション下がる。でもトップロープだしな、で、ランニングのところまで来て後悔した。クラックだと思った箇所はジャミングなんかできやしないただの浅い溝でした。でもここまで来ちゃったら行くしかない。トラバース気味に右上するところが悪い。どう見てもヌメっていそうな逆層のフットステップ。こわいよ~~!
ややあって、意を決し、一歩足を出したらうまく乗れた。あとは勢いに任せて落ち口に抜けた。アドレナリン出まくり。ノドからから。4級+くらいじゃないのかな。
ああ、これだからこの遊びはやめられないんだな。
中学生の頃、江ノ島を1周しようとして裏側の岩屋で行き詰まり、断崖を攀じ登ったあの日以来、この快感を追い求めているんだろうか?
アラ還のくせにこんな遊びに惚けている自分が可笑しくて笑っちゃうよ。

この後に出て来た高い堰堤を巻くのに一苦労。目通り60メートルのザレをゴボー登りで林道に出た。この最後の堰堤越えが今日の最大の核心だったかも。

冬枯れの樹林を行く。


P1210466.jpg

カップ麺を美味しくいただき下山。滝ノ沢との中間の尾根を地図と磁石で下降、古い植林の道があり難なく出発点にもどった。

3人固い握手を交わし解散。

頼もしい仲間がいるってなんと素晴らしいんだろう。
ミンミンさん、カワハギさん、ありがとう。
Big Thanks!

我ら、冬の沢ノボラー
P1210468.jpg

  1. 2010/01/23(土) 19:32:40|
  2. 沢登り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40年後の形見

昨年の12月のある日、叔母を見舞いに東十条まで足を運んだ。
駅から至近の叔母の家に行くのに、ものの見事にリングワンデリングのわなに捕まってしまった。iPhoneのおかげでなんとかリカバーできたのはご愛嬌。
まあそれはともかく、元気な叔母の姿を見てひと安心した。私の父のことや祖母のこと、昔話をたくさん拝聴し、いよいよおいとましようとした時に、叔母が唐突に、
「やっちゃん、(私のこと)山歩きやってるならもらってほしいものがあるのだけど・・・」
と言って、納戸をごそごそやりはじめた。果たして出て来たものは年代物のコッフェルであった。40年も前に亡くなっている叔父の愛用品だったそうだ。

奥の黒いのは軍隊時代の飯盒だって。
IMG_0897.jpg

亡き叔父は早稲田の学生時代、『日本登山史』などの著作のある山崎安治氏と同期で、ある冬には前穂で遭難騒ぎも起こしたほどの本格の山屋で強者であったそうだ。私はずっと叔父の山好きは単なるハイキングくらいのものだと思っていたのだが、大いに違った。岩登りも雪山も本格の筋金入りの山男だったのだ。
そんな叔父の愛用していたコッフェルをもらってくれというのだ。もちろん、ありがたく頂戴した。残念ながらピッケルなどは何年も前に粗大ゴミに出してしまったそうな、そっちの方が欲しかったな・・・。
軽量コンパクトな良いものが出回っている現代、こいつの出番はなさそうだけど、叔父の形見として大事にしたい。「Selppa]と銘の入った真鍮製のコッフェル。ぼくの山道具がまたひとつ増えた。
  1. 2010/01/07(木) 19:34:59|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2010年、お正月日記

今年のお正月は珍しく実家と自宅周辺にへばりついていました。例年ならば暗い内から出かけて、箱根明神ヶ岳あたりに登って初日と初富士を拝むところなんだけど・・・。朝寝、昼酒、食いまくりの3拍子。ろくな運動もせず、この三箇日で見事に3キログラム増です。

それ、ぼくらのオモチャじゃないの?

IMG_0887.jpg 

2日はちょいと歩いて駅伝見物。想定外の母校の健闘でちょっと興奮、でも5区の山登りでものの見事に怪物君にやられちゃったけどね。
WAN2を海岸で少し遊ばせて、柳島の湘南BBQの前を通り過ぎようとしたら、辛抱堪らず引っ掛かり、期せずして初ホッピー。

本年初ホッピー
IMG_0833.jpg

その午後、鵠沼の実家でお節をたらふく食べ、腹ごなしがてら江ノ島まで歩きました。


江ノ島の夕景色

IMG_0847.jpg

腹がこなれたところでまたまた食べはじめ、、もうどうにも止まらない。

そして翌日、また駅伝見物。

トップの東洋大
IMG_0873.jpg

しかし、間近で見るとそのスピードに圧倒されます。ついこの間も書いたけど、スポーツも芸能ごともライブが最高です。

で、こいつらのライブもスゴいんです。

[高画質で再生]

まわるまわる、目が回る

[広告] VPS


  1. 2010/01/04(月) 18:51:58|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年末まとめ日記

あっという間に年の瀬、今日はもう大晦日じゃないか。という訳でまとめちゃおう。
さて、先週土曜日の昼間は実家の老母のご機嫌伺いに鵠沼へ。しかし母の顔をちらっと見ただけでそのまま走りに行ってしまった。

この電車にはずっと世話になってます
IMG_0680.jpg

江ノ島、ガキの頃裏の岩場で遊んだっけ。

IMG_0681.jpg

片瀬川沿いに江ノ島まで出て、海岸通りを鎌倉方面へ、腰越漁港を通り越し、母校のそばをかすめ、おお、この坂、確か「日坂」といったな。思ったほど急じゃないんだなぁ。。
青春ドラマの舞台によく使われるこの坂道を懐かしむまもなく通過。西鎌倉方面に下る、見覚えのある動物病院の看板、バロンが脚を怪我した時にここで診てもらったっけ。
モノレールの下を一気に駆け上がり片瀬山へ、あと一息、長い下りで。。いててて...脚がつる~~。
約1時間のランニング無事終了。実家でお茶をいただき、そそくさと帰宅。何しに行ったんだか、親不孝もののわたし。

IMG_0692.jpg

楽しい夜は更けてゆく。

IMG_0695.jpg

そしてその晩は、地元の音楽仲間のライブ忘年会でした。出演はロンサムキャノンボールと酔夢楽団(フォルクローレ)
わたしは、Happy Mountain Boysで参加、久しぶりにバンジョーを弾きまくりました。

そして今週は、掃除やらお仕事やら年賀状やら、おとなしく過ごして、お正月の準備を先ほど整えました。初めて伊達巻きを作ってみた。
いま出てるお月さま、今月2度目の満月だよ。そう「ブルームーン」も見られたし、なんか来年はいいことあるかしらん??

てなわけで、今年一年お世話さんでした、来年もよろしくお願いします。

バロンとシャルからも、ご挨拶をば。

IMG_0569.jpg

PS.今年最後のホッピーを飲みに行って来ま~~す。年越しホッピーなり。

  1. 2009/12/31(木) 18:50:39|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

BANJO入道

Author:BANJO入道
いらっしゃいませ!
湘南の偏屈人、BANJO入道のブログにようこそ。
お気軽にコメントくださいな。
♪♪ Listen!!! 入道のバンジョープレイ♪♪↓
Happy Mountain Trail



Use OpenOffice.org

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

つぶやいてます。なう!!


follow BanjoHoppie at http://twitter.com

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。