BANJO入道's PLAYGROUND

バンジョーと山をこよなく愛する遊蕩おやじの絵日記。ボーダーコリー犬「バロン&シャルロット」との日常などなど・・・。うたかたの日々を綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

穂高縦走2009 その2

夜通し激しい風に見舞われた。台風は遥か彼方のはずだが、3000メートルの高所では影響が出るのだろう。おまけにここはコルなので丁度風の通り道なのだろうな。
煽るような風と寒さでほとんど熟睡できぬまま朝を迎えた。まどろんではテントごと吹き飛ばされてしまう夢を見て何度も目が覚めた。明け方にテントの中で身体の位置をずらしたその時、鈍い音と共にポールが折れた。気持ちはますます沈んで行く。とりあえず様子見、待機だ。
この時点ですでにジャンダルムは諦めた。西穂高までの難ルートを前日の疲れを残したまま重荷を背負って歩ける自信はない。
それでも明るくなるといくらか風も弱まってきたようだ。餅入インスタントラーメンで腹を満たし、気を取り直して奥穂高山頂に向けて出発した。

約40分くらいで奥穂高岳山頂、3,190メートル、本邦第3位の高峰である。祠の前で記念撮影してしばし景色を楽しんだ。

奥穂高からの眺め、快晴だが、風が強すぎ。
P9200209.jpg

嗚呼!、目の前のジャンダルム、、次は必ず登ってやるからな、待っててくれよ。
P1000759.jpg

P9200213.jpg

気持ちを切り替えてからは足どりも軽くなった。吊り尾根を経由して前穂高に向かう。こっちのルートだって危険がいっぱいの難所が続く。毎年遭難者が出ているので、慎重に行く。案の定、前のパーティーが落石を起こした。大音響と共に沢を転がって行く石の塊を見て身震いした。「コワ~~」

吊り尾根から富士山が見えました。
P9200223.jpg

クライミングを少々やっているので、なんてことはないのだが、それでも左右の切れ立った箇所は緊張を強いられる。何しろクライミングのときとちがってロープの確保してないからね。
紀美子平にザックをデポして、前穂高山頂に向かった。山頂は槍穂高の絶好のビューポイントだ、快晴のもとこれ以上ない絶景を堪能した。

P9200229.jpg

前穂高山頂にて
P9200230.jpg


北尾根2峰のクライマー

P1000769.jpg

北尾根の2峰を懸垂下降しているパーティーが見えた。あそこもその内トライしてみよう。楽しそう!!。


重太郎新道にはこんなところが何カ所も。

P1000770.jpg

さて、ゆっくりもしていられない。岳沢ヒュッテ跡地まで下り、さらに上高地までまだ行程は長い。
鎖場に梯子、、、もう下りはうんざりだと、飽き飽きした頃、岳沢ヒュッテ跡地に到着、ここで穂高岳山荘のお弁当を広げた。飛騨名物朴葉すし。これはうまい!。

P1000772.jpg

白く大きな石だらけのゴーロを行くとやがて沢沿いの樹林帯となる。途中には天然クーラー「風穴」なんてのもある。こいつ本当に涼しいんだ。不思議。この辺りになると軽装の人が増える。それにしても今回の山行中、若い人たちに多く出会った。もちろん相変わらず中高年(含む自分)が圧倒的に幅を利かしているけどね。

上高地が近づいた。なんという人出だ。河童橋周辺はまるで原宿辺の様相だ。ともあれ無事下山したわけだ。ソフトクリームで乾杯して、早々にこの喧噪から離れるとしよう。
風呂に浸かって、蕎麦食って、さあ、帰ろうか。


豊科の蕎麦、ワサビが最高!

P9200247.jpg

P9200246.jpg

常念岳ともお別れだ。また来るよ。
P9200249.jpg

今回の山行は、期せずして次男坊と一緒に行くことが出来た。大学4年間ワンゲル部でがんばった次男にエールを送りたい。
この先、僕に何回付き合ってくれるだろうか?また一緒に山に行けたら嬉しいのだが・・・。

【完】







スポンサーサイト
  1. 2009/09/25(金) 18:57:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

穂高縦走2009 その1

P9200231.jpg


今夏の山の計画は、北鎌尾根だ、大キレット越えだ、ジャンダルムだ、と欲張ってみたけど、流れに流れて、結局夏山を登らずに秋に突入。で、秋山に行ってきました。
9月19、20日と北アルプス、奥穂高と前穂高を縦走してきました。延期になったおかげで次男坊と一緒に行くことができ、生涯思い出に残る山行ができました。結果オーライね!!。
当初の計画では上高地から徳沢、涸沢を経て奥穂高。そして西穂高まで抜ける予定でしたが、台風の影響なのか夜半からテントも吹き飛びそうな猛烈な風に襲われ、ほとんど眠られず意気消沈。前日までの疲労を残したまま重荷を背負ってのこのルートは危険すぎると判断し、白出沢を下降し新穂高温泉に下ろう、という撤退案も考えた。
朝になってみるとやや風も収まったので、吊り尾根経由、前穂高、岳沢、上高地のルートに変更した。とはいえ、こちらも先週遭難者が出たばかりのシビアなコース。十分気を引き締めて臨んだ。

9月18日夜9時過ぎ、自宅を出発。沢渡の市営第2駐車場に午前2時過ぎに到着。仮眠を取り、朝一番のタクシーに相乗りして上高地に入る。早暁まだ明けやらぬうちに歩き出す。すぐに明るくなった、快晴だ。この時点で涸沢までのコースを横尾を経由しないで、徳沢からのパノラマコースに変更。おかげで絶景に出会えた。

絶景その1
P9190145.jpg



徳沢園のベンチでこしらえてきたベーグルサンドイッチの朝食。
新村橋を渡り奥又白沢の右岸を歩くと数基の遭難碑がある。有名な井上靖の『氷壁』の物語のモデルとなった「ナイロンザイル事件」の碑とプレートがあった。

P9190124.jpg

こちらは猛毒のトリカブト、美しい。
P9190132.jpg

明るい河原沿いの道は暑い暑い。Tシャツ1枚でも汗だく。やがて勾配も急になり屏風の頭を望みながら喘ぎつつ登ると眺めの良い場所に出た。木の間からの風景に驚嘆した。そこには北アルプスの盟主槍ヶ岳を軸にした絶景が広がっていた。圧巻である。通りがかりの若い女性にシャッターを押してもらいわれわれも風景の一部に収まった。

槍ヶ岳、穂高のパノラマをバックに。
P1000689.jpg

11時半ころに涸沢ヒュッテに到着。多くのハイカーで賑わっている。みんなもうすでにビールのジョッキを傾けているではないか。大半がここで泊まるのだろう。われわれにはまだ奥穂高への約600メートルの標高差が待っている。ビールはおあずけ。コーラとCCレモンでのどを潤し、コンビニおにぎりの昼食を摂る。
涸沢の紅葉は後2週間ほどなのだろうか、まだ浅い。12時半に出発。
休憩中に冷えてしまったらしく、脚の具合がいけません。案の定、左右の太ももが痙攣。マッサージをしながら、だましだまし歩く。ここからサイデングラードの取り付きまでは、石のゴロゴロした歩きにくい道なので脚にすこぶる優しくない。亀の歩みでなんとか取り付きへ。
ここで少し休憩して、いよいよザイデングラードの岩稜帯に突入。


ザイデングラードの岩稜帯
P9190162.jpg

岩場と聞いて水を得たBanjo入道は俄然ペースアップ。午後3時前、奥穂高山荘前に到着。今日の行程を終えた。歩きはじめてから約10時間であった。
テン場の申し込みをして、缶ビールで乾杯、うんまい!
テントを張り夕食の準備に取りかかる。メニューはレトルトのうなぎ蒲焼きとアルファー米にフリーズドライのみそ汁。一段上のヘリポートに移動して食す。雲海と360度の大パノラマ、これ以上ないご馳走だ。

【奥穂高山荘からの夕景劇場。】

青年よ、何を思う?
P9190181.jpg

P1000739.jpg

常念岳を見よ!彼のように不動でありたい。
P9190201.jpg

おっさん、あんたもなにか悩んどるのかい?
P9190191.jpg

しばし雲上に広がる夕景に見とれる。明日の好天は約束されているが何故か時折吹く強風が気になる。
寝床に潜ってからさらに風が強まった。煽るような突風が周期的にやって来る。台風の影響なのだろうか?おまけに寒い。余分に持ってきた衣類も全部着込んだ。そして明け方ついにテントのポールが折れた。風は止まない。熟睡できぬまま朝を迎えた。
果たして憧れのジャンダルムの頂を踏むことができるのだろうか・・・気持ちは沈んで行くばかり。
【続く】
  1. 2009/09/23(水) 12:24:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

マリーさん、死んじゃったね。

Peter,Paul & MaryのMaryが本日亡くなった。
病気であることは知っていたが、やはりショックだな。
こちらのPPMオフィシャルサイトにピーターとポールのステイトメントが載ってます。

私がこんなブログ記事を書いたのもつい最近なのになあ。
「If I Had A Hammer」

あの頃の僕らの英雄たちが次々にあちらに行ってしまう。なんだかすごく寂しい。



心よりご冥福をお祈りします。



  1. 2009/09/17(木) 19:20:23|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

誕生日でした。

アホらしいんですけど・・・・、今日はバロン犬の誕生日でした。満7歳。埼玉県久喜市のブリーダーさん、ビッグボーイサイトウで2002年9月14日に、父レオナルド、母エバの間に生まれた6匹のうちの末っ子です。

生まれて3ヶ月目くらいかな、可愛いでしょう!!
561636833_154puppy.jpg

7年、早いもんですね。君がうちに来てからというもの、我が家では今までの生活が一変しました。でもそれはほとんどの場合うちの家族にとって良い方向に作用したと思います。今ではもう君のいない生活なんて考えられません。これからも一緒にたくさんのエピソードを綴ろう、な、バロン。

で、お馬鹿な飼い主はこんなもん作って喜んでます。

パンとピーナッツバター、マカロニ、ジャーキーでどうだ!(アホらし)
P9140099.jpg

P9140100.jpg

今では妹分もできて、貫禄もついたよね。

P9140097.jpg


はーーい、私からも、HappyBirthdayてことで、、

P9130040.jpg

しかし、あんた、どろんこだね・・・。



  1. 2009/09/14(月) 22:52:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

娘の高校の壁画たち

今日はうちのラッパ娘の通う高校の文化祭でした。校舎のいたるところに描かれた壁画たちがあんまり素晴らしいので、そして、耐震工事で消滅してしまうそうなので、紹介します。とても自由な校風の学校です。

P9130090.jpg


P9130078.jpg


P9130079.jpg


P9130080.jpg


P9130083.jpg


P9130084.jpg


P9130070.jpg


P9130072.jpg


P9130073.jpg


P9130074.jpg


P9130075.jpg


P9130059.jpg


P9130063.jpg


P9130064.jpg

オレンジの奴は壁画にあらず。本物です。
P9130066.jpg


P9130067.jpg


P9130069.jpg

こちらのサイトをご覧いただければと思います。
UEKING ROOM

  1. 2009/09/13(日) 21:39:39|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

グラスオープリーのお知らせ。

9月21日(月、祝)平塚にて恒例のコンサートが開催されます。

わしらのHappy Mountain Boysも出演します。ぜひおでかけください。

GrassOpry_30.gif

よろしく。

※※ それと、旧ブログの記事をこちらに移転、読み込みをしたら、左のコメント欄に古いログが表示されてしまっています。あんまり気にしないでください。
昔の記事を今読むと何か変。
  1. 2009/09/09(水) 18:17:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根フェス2009

もう1週間経っちゃったけど、、、、一応書き留めておきますわ。

今年は2年ぶりに箱根ブルーグラスフェスに行ってきました。

その週は北アルプス縦走の予定でしたが、天候が悪そうなので箱根に転進。せっかく山に行っても雨、霧、雷じゃあつまんないもんね。危ないしね。箱根方面はほとんど降雨もなく快適でした。

ボクはバンドも一生懸命やってないし、最近はもうそんなに音楽音楽してないので、箱根のフェスにもそれほど固執してないのだけど、、、ここへ来るとやはりなんだか安心する。
何年ぶりかで再会した友達の元気な姿を見るだけで嬉しい。また会えて良かった、と心底思う。

さあ、ステージの灯りも点いてフェスも佳境に。
P8290015.jpg  P8290021.jpg

川の向こうのテントサイトは大学のブルーグラスサークルの若者たちでいっぱいだ。彼らを見ているとこの種の音楽も決してマイナーな世界ではないのだと誇りにさえ思う。がんばりたまえ、諸君!!

ジャムセッションに興じるおっさんたち
P8290012.jpg  P8290005.jpg



昔からの人たちもとても元気です。いや、きっとそれぞれに少々の悩みもあるのだろうけど、ここに集うことで元気をもらっていくのだろう。ここは僕らのアイデンティティを満たしてくれる場所なんだ。

特に出番もないので、飲んだり、食ったり、バロンの川遊びを付き合ったり、のんびり過ごしました。
バロンもみんなに可愛がられて耳が垂れっぱなし。特に女子学生さんに囲まれたりした時は長い顔が一層なが~くなっていましたよ。おっと、飼い主は鼻の下がだら~~んと。

※注 この人は女子学生さんではありません。
P8290017.jpg

ひたすら川面を見つめるバロン犬
P8290007.jpg

ふゎ~~あ、つまんねえな、、ジャム

P8290013.jpg

夕日の滝をバックに、凛々しいじゃん、バロン
P8300033.jpg


以前なら自分のサイトでしっかりキャンプを張ったのだけど、今回はお友達の所に居候を決め込んで楽させていただきました。アサカさん、オガジュンさん、アベちゃん、その他サイトのみなさんありがとうございました。


金太郎遊び石、だそうです。金ちゃんもボルダリングやったのかねぇ?

P8300034.jpg

日曜日はまったりとしつつも早めに会場を後にしました。会場近くの「金太郎遊び石」を見てたら、思わず取り付いてしまいました。ちょうどいいボルダーじゃ。左フェースは超易しい。右カンテも簡単。でも中央の初手がどうも決まらず敗退。あはは、フェス帰りの人が怪訝な顔で見ているよ。

はい、おつかれさまでした。


そして、シャルちゃんお留守番ご苦労。じゃあバロンと仲良く寝てなさい。
P1000481.jpg

  1. 2009/09/06(日) 11:06:32|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

BANJO入道

Author:BANJO入道
いらっしゃいませ!
湘南の偏屈人、BANJO入道のブログにようこそ。
お気軽にコメントくださいな。
♪♪ Listen!!! 入道のバンジョープレイ♪♪↓
Happy Mountain Trail



Use OpenOffice.org

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Twitter

つぶやいてます。なう!!


follow BanjoHoppie at http://twitter.com

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。