BANJO入道's PLAYGROUND

バンジョーと山をこよなく愛する遊蕩おやじの絵日記。ボーダーコリー犬「バロン&シャルロット」との日常などなど・・・。うたかたの日々を綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近所にクライミングジムが!

自宅から至近の寒川町に4月1日クライミングジムがオープンします。
クライミング&ボルダリングスペース「攀」のHPとブログが出来たみたいなのでご紹介します。
HPページ http://hann.atukan.com/index.html
ブログ http://hann.exblog.jp/10543024/

hann0031.jpg


きっと通う事になるだろうな、、、またしても見え隠れする入道の近未来像・・・。
わかりやすい奴じゃのう!!

そして、

なんだか肉が食べたくなって、スペアリブをこしらえた。マーマレードをたっぷり使いダッチオーブンで作ろうと思ったら、鉄鍋はロフトにしまってあったのだ。仕方が無いのでステンレスの鍋で作った。
winepork.jpg

ワインが欲しくなり、我が家のワインセラー(ははは、単なる床下収納に置いた木箱)から1本出して開けた。適当な赤が無かったので白でもいいかと手に取ったら、'87年の「Batard Montrachet」だった。ああ、飲み頃かも、と思い切って開けちゃった。有名なドメーヌではないが、一応ブルゴーニュのグランクリュだもんね。そりゃ、すごいわ。開栓した途端、強烈な香りが部屋中に広がった。肉に食らい付きワインを流し込む。しばしバブリーな夢を見た。
1987年か・・・・。
その当時の「泡沫の夢」を消すのに今、一生懸命もがき苦しんでいる自分をみた思いがする。

ね、ご同輩・・・・・・・・。


スポンサーサイト
  1. 2009/03/25(水) 19:18:06|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【日々是好日】季節の移ろい

早春と思っていたら、もうサクラが、いや杏・・・・。

いつも行くグランドにある2本の若木がサクラではなく杏なのだと、billmonさんに教えていただいてから早いもの、もう1年経った。
春夏秋冬、季節の移ろいのなんと早いことか。
出会った人、去ってしまったあの人この人、そして今日の僕でさえ昨日の僕ではないのだ。
なあーんて、柄にもなく、想いに耽る。日曜日の午後である。

クライミングジムは満員の盛況であった。なんだか、若い人が最近増えたなぁ。
お年寄りたちも元気、元気。
あ、もちろん僕も元気なお年寄り組です。はい。




anzu.jpg
  1. 2009/03/22(日) 17:00:46|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【日々是好日】無題

暖かい日が続いている湘南バロン&シャル地方です。
先日、とある駐車場の片隅につくしんぼを見つけました。

tsukusinbo.jpg

コラ、バロン、踏むなよ!!」

摘んで帰り、さっそく佃煮にしました。笠を取るのが大変、手も灰汁で汚れた。でもこのえぐみがいいんだな。早春を肴にビールも進む。
実家にも少しお裾分け。親父はこれが好きだったな、仏壇に供えた。

tsukushitsukudani.jpg

谷川から帰って、山とは少し遠のいたけど、今月は「クライミング強化月間」ということで、J-Wallの月間フリーパスを購入。暇をみて足繁く通っている。必然知り合いも増え、当方の顔も知られ、お互い励ましたり、励まされたり。楽しいものだから、また通うということになる。なんだか、お年寄りの気持ちがわかるなぁ。病院じゃなくてよかった。
強化月間の成果はそれなりに上がっている。いま、11を視野に入れて、リードで5.10a、10bあたりを練習している。スラブ(緩傾斜壁)の10b課題、上部で全く手掛かりの無い、足だけのトラバースをクリアできたのが嬉しい。(2度目はフォールした。)やっぱりまだまだへなちょこですな。(笑)

てなわけで、今月末からは音楽三昧、怒濤の「元祖!」3連続ライブです。
3月28日(土)、茅ヶ崎ぼちぼち
4月4日(土)、曙橋Back In Town
4月11日(土)、横浜ジャグバンドフェスティバル

Ganso090404_BIT_Postar.jpg
お馴染み巨匠アシュラ作のフライヤーじゃ。

ぜひぜひ、聴きに来てくだされ。バックインタウンは予約された方がよろしいかも。ジャグフェスは詳細未定。横浜相鉄ムービル辺りでうろうろしてます。
ボチボチも満員になりそうなので席確保が大変そう。

はい、一生懸命演奏しますのでよろしく。

でもって、あとはこいつらと遊ぶ毎日、日々是好日なり。

入道記



シャルの長いベロ。バロンは後ろの囲炉裏の中に。
  1. 2009/03/19(木) 09:02:59|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【山】冬山教室谷川岳編その2

朝だ。身の回りを片付け朝食の準備にかかる。狭い雪洞内での行動は制限されるので、整理整頓が大切。それが迅速な行動に繋がる。何より余分なものを持たないことが肝要。この点、今後の課題だ。もたもたしてると置いてけぼり食らっちゃうぜ。

朝食は餅入ラーメン。雪を溶かしてお湯を作る。なるべくきれいな雪を溶かしても何かしら浮いている。出来上がったお湯がちょっと黄色くなるのは浅間山の降灰でも混じっているのかしら?

ロープウェー駅に戻り、点呼の後、出発。いわゆる谷川岳、トマの耳を目指す。
天神平からいきなりの急登、息があがる。ザックが軽いのが救いだ。一カ所微妙な所があったが、あとは難しい所は無い。雪庇に注意し尾根筋を外さなければ、大丈夫。行く手に聳えるトマの耳、オキの耳の双児峰を目指してよっこらしょ。

tanigawa7.jpg

でも油断するとズボッと雪に潜ってしまう。つぼ足注意。講師の方はやはり歩くのが上手い。体重移動が巧みなのだ。足裏全体に瞬時に平均に体重を乗せることがいかに大切か、これは経験値だろうな。

頂上直下、肩の小屋手前の急登を喘ぎながら登るとそこはトマの耳(1,963m)の頂上だった。360度の大パノラマが待っていた。感動の一瞬。

記念撮影をしてサクサクと下山。途中長老格のK原さんが雪を踏み抜いて首まで埋まってしまうハプニングがあったが、定刻までに全員無事下山した。

tanidawa9.jpg
なんだか激ワルぶりが似てますね、この二人。

tanigawa12.jpg


さあ、あとは温泉とおそばだ。
湯檜曽温泉に浸かり、名物の超大盛り天丼、今考えるとよくこんなもん食えたよな。高校生じゃあるまいし。げっぷ。。。でもお味はグーでした。

tanigawa10.jpg

舞茸かき揚げ天丼とおそばのセット、普通おそばと天丼と大きさ逆だろう!。


反省会のあと解散、それぞれに我が家目指して帰還と相成った。

ああ、楽しかった。
【おわり】
  1. 2009/03/11(水) 11:12:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

【山】冬山教室谷川岳編その1

シリーズ冬山教室、回を重ねること、えーと何回目だっけ?まあいいや。
谷川岳の山中で雪と戯れて参りました。
今回は今まで教室で覚えた技術を実際の雪の山中で実践するというわけです。

6日金曜夜、自宅を車で出発。近隣の2名をピックアップして、関越方面へ、水上インターで降りて天神平ロープウェー駅の駐車場に午前2時ころ到着。すでに教室のメンバーは到着していて、床暖房の効いた待合室の床で寝息を立てている。と見やるとまだ起きていて酒盛りをしている人が、、S水講師と生徒のS屋さんだ。さっそく混じってしばし雑談。そして床でまどろむ。ミシシッピ・ジョン・ハートの"Make Me A Pallet On Your Floor"の旋律がなぜか頭の中で回りだす。



ゴーゴーと夜通し唸っていた風雪は朝になっても止まなかった。場内アナウンスがロープウェーの運休を知らせる。いつになったら動くのか??

tanigawa_rope.png


天候が回復するまでの間にロープワークのにわか講習会となった。S水講師の抽き出しの多さに感服。弟子にしてくれないかなぁ??。
ついに昼過ぎになってもロープウェーは動かなかった。

主任講師のS野さんが計画変更を伝える。本来ならロープウェーで天神平スキー場まで上がり、そこから1時間ほどのところで雪洞掘りの予定であったが、西黒尾根途中で適所を見つけることとなった。装備の点検などで急に慌ただしくなった。

tanigawa2.jpg

tanigawa6.jpg
オーーイ、入道君、寒かねえかい?


日本三大急登と言われる西黒尾根を30分ほど登った辺りで雪洞の掘れそうな場所を発見。講師の指導のもと雪洞掘りに取りかかった。こいつがやりだすと面白いのなんの。中に入ってスコップを振るいだすとなかなか交代してくれない。2時間ほどかかって大人4人がゆったりできる位の今宵の住処が完成した。

tanigawa3.jpg
我が斑の雪洞入り口

tanigawa4.png
他藩の様子、様子がいいので脱藩したくなった。


酒だ!酒だ!、つまみだ、鍋だ!というわけで、いぶりがっこを切って乾杯。豚キム炒めで乾杯、キムチ鍋で、、飲んで、食って、飲んで・・・。O浦さん持参のあらばしり酒の美味いこと。お米もちゃんと炊きました。雑炊にして満腹じゃ。
食べたらあとは寝るだけ、シュラフに包まり静寂を子守唄に、と思いきや、嗚呼、両側からステレオで鼾が。ううう、落語の「寝床」さながら。狭い雪洞の中に鼾が渦巻いて、もうこいつぁ堪りません。でも気がついたら朝でした。やはり疲れてたんだな。

外は晴れ、今日の登頂は約束された。

tanigawa5.jpg

【続く】



  1. 2009/03/10(火) 19:22:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【音楽】TODAYのライブ

私の友人で、以前一緒にバンドをやっていた橋岡君が平塚でライブをやる。橋岡ファミリーを中心とした「TODAY」、すばらしいサウンドを聴かせてくれることでしょう。

TODAY-HMB-A4.jpg

きみちゃんのベースも聞き物です。
  1. 2009/03/03(火) 23:01:44|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

迷走、矢倉岳

P3010020.jpg

一昨日の日曜日、冬山のトレーニングがてら箱根矢倉岳に登ってみた。期待した雪は、なーんにもなし・・・。大型ザックにアイゼン、ピッケル、ワカンまでぶら下げて、あまりの大仰な装備にすれ違うハイカーも声をかけてくれない。わはは。

もう何度か登っているのでおちゃのこさいさいのはずだったのだが、地図読みのトレーニングもやっちゃえとばかり、怪しい踏み跡をトレースしてみたらとんでもない薮漕ぎになっちゃった。しかし樹間から明確に見える矢倉岳の姿をたよりに忠実に地図を読めば自ずと道は開かれ、遭難することなく本コースに合流できた。冬枯れの獣道を迷走しながら、自問自答、あれこれ思いをめぐらせてみた。これまさに迷走瞑想・・・・。お気楽なおいらにだって少々の悩みくらいあるのだよ。

P3010022.jpg
箱根を歩くのにはいささか大仰な装備、ハイカーたちの失笑を買う。

P3010014.jpg

満開の梅花を愛でつつ、久しぶりに万葉うどん、とも思ったが行列を見てあきらめた。早く帰らねば、Baron & Charlotteが待っている。どこにでも付いてくるバロン犬、ちょっと脚を痛め運動自粛中なのです。

P2240010.jpg
なまいきシャルロット

P1040118.jpg
砂に書いたラブレター
  1. 2009/03/03(火) 22:46:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

BANJO入道

Author:BANJO入道
いらっしゃいませ!
湘南の偏屈人、BANJO入道のブログにようこそ。
お気軽にコメントくださいな。
♪♪ Listen!!! 入道のバンジョープレイ♪♪↓
Happy Mountain Trail



Use OpenOffice.org

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

つぶやいてます。なう!!


follow BanjoHoppie at http://twitter.com

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。