BANJO入道's PLAYGROUND

バンジョーと山をこよなく愛する遊蕩おやじの絵日記。ボーダーコリー犬「バロン&シャルロット」との日常などなど・・・。うたかたの日々を綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いま庭では

Verbena.jpg Lupinus.jpg

5月ももう終わり、もうすぐ1年中で最も庭の賑やかな花の季節6月がやってくる。
いま我が家の庭はこんな花が咲いています。
赤いバーベナ、そしてうすピンクのルピナスも咲きました。
ブルーボネットの花はもう終わりさやえんどうのような豆を付けています。種がいっぱい取れそうです。

cocktail.jpg blackberry.jpg

蔓バラのカクテルもたわわです。こういう蔓性の上に伸びる花は「クライマー」とも呼ばれます。わたしもこいつらみたいに華麗に美しいムーブで登れたらいいのになあ。おっと、おっさんを花に喩えるのは相当な無理がありますな。
去年バロンにへし折られたブラックベリーも一生懸命蔓を伸ばしてあと少しでフェンスに届きそうです。上の右の写真が"Blackberry Blossom"です。

きょうは「花とおじさん」でした。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/29(木) 19:26:59|
  2. 庭、花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

沢登り講習会

大和でフェスの行われた25日は、前日から泊まりがけで神奈川県山岳連盟主催の沢登り講習会に参加しました。老若男女15名ほどの参加。初日は午後から机上講習とロープワーク、人口壁での登攀訓練。そしてみんなで自炊して懇親会。酒盛りです。翌日の朝食の下ごしらえを手伝って10時には床へ。熟睡ZZZZ。

green



翌朝は4時半起床、うどんを盛りつけたりわれながらよく働きます。

準備を整えいよいよ新茅の沢遡行実技講習に出発です。
雨が降っていますが、もとより濡れるのが目的のような沢登り、台風でもない限り決行です。小一時間林道を歩き入渓地点へ向かいます。
川床におりると木々の緑が眩しいです。今の時期の丹沢はブナの新緑がことのほか美しく、こちらまで真緑に染まりそうです。

いきなり7メートルの滝をノーザイルで直登。次々と現れる滝を越えて行きますがなにぶん人数が多いので時間がかかります。その都度いろいろな技術の講習を織り交ぜながら遂にこの沢のハイライト12メートルの大滝のところまで来ました。今回の講習ではこの滝は登らずに巻くことになっていたのですが、雨脚が強くなって来たのでここで引き返すことになり、それでは参加者も不満足だろうというので、引き返す交換条件に志願者だけ登ってもよいという許しが出たのです。

こんなチャンスは滅多にないので当然志願。おっかなびっくり取り付いてみると。ぬめった岩が手強い、ハンドホールドがよいと今度はフットホールドが悪い、一番の核心部は半分水流の中に入ります。もたもたしていると手の感覚がなくなって来て、身も心もひやひやです。もうなりふり構わず、スリング掴むは、膝を使うは、這々の体で落ち口に切り抜けました。相当インチキしたけど、それを割り引いてもこの達成感はたまらない。脳内モルヒネ出まくり、アドレナリン噴出。スッゲー快感です。

今年の夏は沢に入り浸ることになるのだなあ、と確信しました。

大滝F5
  1. 2008/05/27(火) 12:32:38|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chris Hillman & Herb Pedersen

先週木曜の横浜サムズアップと日曜の曙橋Back In Townと2度、この二人のライブを堪能した。トムスキャビンの「聴かずに死ねるか」シリーズの、はて、第何弾だっけ?

僕はごく若い頃に西海岸のカントリーロックに夢中になった時期があった。Herbの在籍したロックに転向後のThe Dillards、バーニー・リードンのいたDillard & Clerk、そしてChris HillmanとGram ParsonsのThe Flying Burrito Brothersの影響が一番大きかった。Eaglesが出現するのは彼らのしばらく後だ。
それまでスクラッグスやレノに夢中だったバンジョー少年があっという間に超ロン毛のロック少年に早変わり。ドラムスやエレキの弾けるメンバーを加えて当時としては斬新なブルーグラスロックをやっていた。残念ながらメンバーの実力不足と周りからの不評で1年くらいで解散してしまったが、この頃の精神は今でも決して忘れてはいないつもりだ。
Chris & Herb、永遠のアイドルなのである。

その二人がデュオを組んでやってくる、見逃す手はないよ。
そして、期待通りに素晴らしいパフォーマンスであった。
どの曲の何が、というより、彼らの一挙手一投足、ファッション、なにからなにまで、ぼくの気に入らないものはないのである。
それでもどうしても何か一曲挙げろと言われるならば、、、、"Together Again"かな。

いやーー、こんなに素晴らしいライブを企画してくれた、トムスキャビンとコリングスギターのトーラスに大感謝だ。

さて、この日は午後には東京のライブ会場に着かなければならないのに、沢登りに行ってしまった。
早朝発って表丹沢三ノ塔に突き上げる葛葉川本谷を途中まで遡行した。そもそも沢靴を試しに行ったつもりが面白くなっちゃって時間切れまで滝と岩と水と戯れた。
こんなに楽しい遊びをなんで今までやらなかったのか不思議だ。
今週末は泊まりがけで丹沢の沢に行くのでほどよいウォーミングアップができた。
  1. 2008/05/19(月) 22:18:27|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

小さな幸せ、ちょっと贅沢。

4c

コーヒーが好きだ。
ほぼ週一回、駅近くにある隣県の名前を冠した銀行に行く。そのついでに駅までひとっ走り、スタバでコーヒーを買い求めるのが僕の小さな幸せだ。
ビッグサイズのカプチーノに2ショット増しにしてもらう。このやり方は某あしゅらさんに教わったのだが、平塚で通じるものかどうか最初はなかなか勇気がいったものだ。
「クワトロショット、グランデ、カプチーノ」
普通のグランデカプチーノが410円で2ショット増しだから510円なり。
ちょっと贅沢な小さな幸せです。苦みばしってます。うめえ~。
  1. 2008/05/02(金) 22:47:35|
  2. うまいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

BANJO入道

Author:BANJO入道
いらっしゃいませ!
湘南の偏屈人、BANJO入道のブログにようこそ。
お気軽にコメントくださいな。
♪♪ Listen!!! 入道のバンジョープレイ♪♪↓
Happy Mountain Trail



Use OpenOffice.org

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

つぶやいてます。なう!!


follow BanjoHoppie at http://twitter.com

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。