BANJO入道's PLAYGROUND

バンジョーと山をこよなく愛する遊蕩おやじの絵日記。ボーダーコリー犬「バロン&シャルロット」との日常などなど・・・。うたかたの日々を綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日】大晦日


一年の仕事を終え、明日から三が日はお休みです。やれやれ。
元旦は寝坊しようかとも思ったが、きっといつもの時間には目覚めてしまうだろうな、海まで歩いて初日でも拝むとしよう。いつでも準備OKな友達もいるし。な、バロン。

数年前までは闇夜を歩いて山に登り、山頂からの初日を拝したものだが、さすがに今その元気はない。何事にも億劫になってしまった。


初日に限らず日の出が好きだ。漆黒の空から東雲、やがてあたりは赤く染まり、大きな丸い太陽が顔を出すその瞬間、言いしれぬ感動を覚える。つくづく日本人であることを自覚する。

明日の朝、もし守備よく初日の出を見ることができたなら、大好きなみんなの輝かしい未来のために祈りたいと思う。

そして彼岸の友の安らかなることを祈ろう。


みなさん、良いお年を。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/31(日) 21:44:00|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【音楽】Danny Boy

http://homepage3.nifty.com/banjo_reno/DannyBoy.mp3

2003年3月22日 at Happy Mountain Bar

柳沢光昭とエンゼル・ボーイズ

柳沢光昭 ギター、ボーカル
槙原邦暁 マンドリン
岩倉さん ベース
祇園隆司 フィドル
大森康弘 バンジョー

あしたはぴま最後のライブです。
  1. 2006/12/28(木) 19:52:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ラジオ】FM湘南

亡くなった柳澤さんが月に一回平塚に来て収録していた地元FM局のラジオ放送を、わたしが続けさせていただくこととなった。
東京からでも片道1時間かかるこの町の小さな放送局の
1時間の番組のために、わざわざ忙しい時間を縫って月に1回来てくれた。それだけでも申し訳ないのに、私の方からあれやこれや注文をつけたり、時には文句を言ったり、ゴメンなさい。

きょうは最後の放送の続きを収録してきました。

ローリールイスの「Live Forever」をかけました。

この2年ほど柳犬(ヤナギケン)のブルーグラスアワー「Go,Go, Go,歌姫」というタイトルで放送していました。好んで女性のブルーグラスばかりかけていました。

私は機械のオペレートと合いの手でお手伝いしていました。

次回からは柳澤さんの意志を継いでわたしが女性のブルーグラスを中心に放送を組み立てようと思います。何かアイデアがあったら、どんどん教えてください。
>>女性ブルーグラッサーのみなさん。
わたしは、女流ブルーグラスにはちょっと疎かったので、、、、

今日もスタジオの中でずっと一緒にいるような気がしていました。

ちゃんと続きをやっておきましたよ。こんなんでいいですか。 

おい、返事しろ!
  1. 2006/12/26(火) 23:32:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【音楽】ダッキーズの写真


12月2日(土曜)本間氏率いるダッキーズがわが町茅ヶ崎で演奏した。そしてこれが僕が最後に見た柳沢さんの演奏風景だ。ステージに呼ばれて一曲だけ"Earl's Breakdown"を弾いた。それが僕と柳沢さんの最後の共演となった。
しかし、その後に僕は柳沢さんが亡くなるまでに2度会っている。3度目に会うはずのティム・オブライエンのライブ会場の前で訃報を聞いた。

ニコンオンラインアルバムに数枚写真をアップしました。
パスワードは"ducky"です。

http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?key=939676&un=131525


こんなに元気で、楽しそうだった。
  1. 2006/12/19(火) 22:30:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日々是好日】日曜の朝


目覚めて最初に今朝の天気がどうか確かめる。薄墨を掃いたような空の西の方に一カ所水色のところがある。前途洋々か。

昨日までに起こったいやなことが全部夢であったらいいのにな。



さあ、バロン、行くぞ。

いつもの公園、いつものようにグランドの周りを半周して、テニスコートの脇の広場で犬と戯れる。無邪気にボールを追いかけるバロンを見ていると、なんだか少し身が軽くなって来た気がする。お腹がすいたからもう帰ろうよ、バロン。

いつもとかわらぬ朝の風景。

午後からは町田のブルーグラスジャムです。

美味しいビールが待っているはずだ。
  1. 2006/12/17(日) 10:01:00|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【音楽】Rod McNeil

ティム・オブライエンのこの曲をマイミクのレフティさんに教えていただいた。以下に歌詞を引用する。
ぼくの思い込みかもしれないけど、まるではぴまのオヤジのことを歌ったみたいだね。



Rod McNeil

From The Crossing
(Tim O'Brien (Howdy Skies Music/Forerunner Music, Inc., ASCAP))

Rod McNeil 1998 Tim O’Brien

I make a living from a circuit I made
Out of trial and error and gigs that I’ve played
It might be the money or the town that it’s in
But mostly it’s people make you come back again

There was one little place that I played every year
It’s outside of Pittsburgh, I know it’s still there
Just a little old Moose lodge, the crowd was okay
But you’d never get rich from the money they’d pay

It’s mostly been silent since Rod was around
But that place used to fill with a bluegrassy sound
And I’ll never forget the way he made me feel
A big man with a big heart, named Rod McNeil

You might arrive tired and dark in a gloom
Then he’d buy a big dinner and pay for your room
Pete Rowan would hug him and call him his dad
Maybe that day the lonely road wasn’t so bad

“I saw this and said that I’d buy it for Tim,
Didn’t I Marty”, he’d say with a grin
Now I keep that toy fiddle on my window sill
To remind me of Rod and those grey Pittsburgh hills

It’s mostly been silent since Rod was around
But that place used to fill with a bluegrassy sound
And I’ll never forget the way he made me feel
A big man with a big heart, named Rod McNeil


さて、今回の「はぴまのオヤジ」のことで、多くの友人に慰められたり勇気づけられたりしました。
私信でメールをくださった方もいらっしゃいました。それらの言葉の一つ一つが優しさにあふれ、心にしみました。本当にありがとうございました。いい歳をしておろおろしている情けないNewDoeを見かねてのことと察します。お恥ずかしい。

ご心配をおかけしてすみませんでした。

もう、大丈夫です。

とりあえず月曜のティムのコンサートが楽しみです。
  1. 2006/12/09(土) 23:45:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨晩のこと


昨晩、「はぴまのオヤジ」をお見送りしてきました。なるべく普段着っぽい方が彼の好みだと思い、いわゆる黒服でなくツイードのジャケットを羽織った。平塚駅で仲間と落ち合い、会場に向った。

いかにも彼らしい無宗教の通夜式。最前列に座ってしまったので、いやでもご家族の落胆ぶりを目の当たりすることとなる。ご家族の方の息づかいがもろに伝わってくる。息子に先立たれた年老いたお父上の背中を見ているだけで、ぼくはたちまち赤い目となった。

言葉にならないお兄様のご挨拶。まるでそれは去年のあの日のぼくではないか。年少の兄弟に先に逝かれるほど辛いことはない。おそらくお兄様の心の中には幼かった頃の兄弟の楽しかった思い出が去来したことだろう。あんなに可愛かった弟が自分より先に棺桶に入ってるなんて、彼には絶対許せないはずだ。

ジャズが静かに流れる中、淡々と式は進行する。


別室に設けられた席では誰もが酒を酌み交わしながら「はぴまのオヤジ」を語り、涙し、一人とて帰ろうとしない。こんな通夜も珍しいのじゃないかしら。会場の係の人もみんながあまりに帰らぬので戸惑っている様子。

永年勤めた会社を辞してからお店を初めて3年あまり、やっと軌道に乗りはじめた矢先の死、さぞ無念であろう。
しかし、多くの人たちが彼の死を悼み、慕ってやって来た。なんと素晴らしいことでしょう。

こんなにもみんなに愛されていた「はぴまのオヤジ」のことが少しうらやましく思えた。

「はぴまのオヤジ」に最敬礼してから式場を後にして、仲間数名と近くの居酒屋で名残を惜しんだ。本当は彼の好きだった「久昇」に寄りたかったのだが・・・。牡蠣の塩辛を確かまだ食べてなかったよね。

平塚へ戻り、駅の階段を下りたら勝手に足はハッピーマウンテンバーに向いていた。もう開くことのないシャッターの前で、灯の消えた看板をむやみやたらに叩いた。誰がおいたものか小さな花束と缶ビール、

はぴまのオヤジ、楽しい時間とおいしいお酒、そして素晴らしい仲間を、ありがとう。

天国のビール、ボクの分も残しておいてよね。


冗長な駄文におつきあいいただきすみません。

さあ、元気出さなきゃね。
  1. 2006/12/08(金) 22:18:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

「はぴまのおやじ」が死んだ。

僕と同年輩であり、平塚で粋なバーをやっていて、ぼくらはそこでいっぱいライブをやらせていただいた。そんなに長い付き合いではないし、最近はお酒をあまり飲まなくなったのでたまにしか会わないのに、いつも温かい笑みを浮かべて迎えてくれる。

大好きなはぴまのおやじが死んじゃった。

僕らの忘年会はどこでやればいいんだよ。

春にはまたライブをお願いしようと思ってたのに。

結婚される娘さんのお土産の「呉春」の吟醸酒をふたりであらかた飲んじゃって、、とても美味しかったよ。

山のあなたの空遠く
        「幸」住むと人のいふ
          噫、われひとゝ尋めゆきて
             涙さしぐみかへりきぬ

    山のあなたになお遠く
        「幸」すむと人のいふ

カールブッセのこの詩をホームページの表紙にしてた。

はぴまのおやじは一足先にふるさとの「Happy Mountain」に帰っていってしまった。

合掌
  1. 2006/12/04(月) 20:46:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【虫】まさか!


時山からすでにひと月以上経つ。
今日次男坊の運転で久しぶりに車に乗った。車の暖まった頃、息子が絶叫した。
1、2、3、都合4匹のカメムシくんがうごめいていた。

なんと恐ろしいことだろうか。
  1. 2006/12/03(日) 16:27:00|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【音楽】ダッキーズその2



写真を一葉。ダッキーズなり。

Hit Parade Of Loveのコーラス、「バッ!!」のところです。

スピード感が伝わりますか?
  1. 2006/12/03(日) 09:12:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【音楽】ダッキーズ@茅ヶ崎

これから茅ヶ崎駅前のハワイアンのお店でのダッキーズのライブを見に行きます。

このバンドを聴くのはある意味「体力勝負」なのであります。H間さんのマンドリンを聞くときはどうしても体が動く訳でして・・・それも、かなり早いピッチで。(ローハイドMM180以上か!)血圧なら大変。

おまけにバンジョーはいつものSK井さんのトラでフランケンYS岡さんが来るというではありませんか。うーん、トラウマです。

じゃあ、行かなきゃよさそうなもんだけど、このライブを企画したのが茅ヶ崎在住の評論家先生SZ木カツさんなのであります。事前に脅されてますので、行かないとまたこれも厄介なことでして。

「本当は茅ヶ崎に住んでるお前がやらないとダメなんだ!」

なんて、、言われちゃうに決まってるから。。ああ、ちと面倒くさいなぁ。でもYG沢さんは大好きなので、、あはは。

じゃ、行ってきまーす。
  1. 2006/12/02(土) 19:55:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

BANJO入道

Author:BANJO入道
いらっしゃいませ!
湘南の偏屈人、BANJO入道のブログにようこそ。
お気軽にコメントくださいな。
♪♪ Listen!!! 入道のバンジョープレイ♪♪↓
Happy Mountain Trail



Use OpenOffice.org

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Twitter

つぶやいてます。なう!!


follow BanjoHoppie at http://twitter.com

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。