BANJO入道's PLAYGROUND

バンジョーと山をこよなく愛する遊蕩おやじの絵日記。ボーダーコリー犬「バロン&シャルロット」との日常などなど・・・。うたかたの日々を綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【音楽】朝霧フェスにて




今年から「ハートランドあさぎり中島酪農場」というところに場所を移しての開催となった朝霧フェスに行ってまいりました。予想通りの雨の中、実に快適な?アウトドアを堪能してきました。

朝方の雨、風、雷はお見事でした。早起きのわたしとボジさんは、パニック状態のまま、雨脚の一番強い時に撤収作業を敢行、その後に雨が弱まってくるのを憎々しげに眺めておりました。内心「もっと降れ、降れ、」と念じていました。

しかし靄に包まれた朝霧高原の緑一色(みどりいっしょくと読む/麻雀用語にあらず。)の風景は言葉に表せないほど美しく、たとえ富嶽は望めなくとも十分に満足でした。

土曜の最後、元祖のステージではレイモンドとツインバンジョーを弾いたり、日曜は臨時かんりん丸で出たり、演奏の方も楽しみました。



しかしながら、一番の楽しみは夜、ランタンの灯りの下、キャンプサイトでの口(くち)ジャム。フェスのもうひとつの醍醐味です。これに尽きます。


牧場のアイスクリーム、レストランのロコモコも美味しかった。

あーー、楽しかった、満足なり。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/29(月) 22:44:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

復活!山歩き

膝の故障でしばらく様子を見ていた山歩きを再開しました。コンドロイチンの効き目か、それとも陽気が暖かくなったせいかはともかく、「適度の運動」をしなければならぬ身としては、嬉しい限りだ。
Greenmt

バロン犬をナビゲーターに、足柄の矢倉岳(870m)に登ってきた。夕陽の滝ブルーグラスフェスの会場からも近く、地蔵堂の辺りからその独特のもっこりした山容を望むことが出来る。

万葉うどんの横手を抜け、お茶畑の間を縫って登り始め、新緑の樹林を鶯のさえずりに導かれながら約1時間半、丸い山頂に到着した。
あいにく高曇りで、富嶽こそ望めなかったが、真緑に染まった山の空気が体中に正気を満たしてくれた様な気がする。
Mttop

誰もいない山頂でしばしバロン犬と走り回って遊んだ。いや走り回るのは犬ばかりで、私は棒切れを投げただけだ。

毎夏行われるブルーグラスフェス会場の近くの川で水遊びをして、湯うどんを食べて帰路につきました。

膝の調子はだいぶ回復したと思います。うれしい。

矢倉岳の山行紀行は下記URLにてどうぞ。↓
http://www.ne.jp/asahi/banjo/reno/yaguradake.html

  1. 2006/05/24(水) 07:55:24|
  2. トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【山】【犬】矢倉岳山行記

下記URLに山行記のようなものを書きました。冗長な雑文ですが、よろしかったらご覧ください。

http://www.ne.jp/asahi/banjo/reno/yaguradake.html
  1. 2006/05/23(火) 19:31:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【山】【犬】復活!山歩き 




膝の故障でしばらく様子を見ていた山歩きを再開しました。コンドロイチンの効き目か、それとも陽気が暖かくなったせいかはともかく、「適度の運動」をしなければならぬ身としては、嬉しい限りだ。

バロン犬をナビゲーターに、足柄の矢倉岳(870m)に登ってきた。夕陽の滝ブルーグラスフェスの会場からも近く、地蔵堂の辺りからその独特のもっこりした山容を望むことが出来る。

万葉うどんの横手を抜け、お茶畑の間を縫って登り始め、新緑の樹林を鶯のさえずりに導かれながら約1時間半、丸い山頂に到着した。
あいにく高曇りで、富嶽こそ望めなかったが、真緑に染まった山の空気が体中に正気を満たしてくれた様な気がする。

誰もいない山頂でしばしバロン犬と走り回って遊んだ。いや走り回るのは犬ばかりで、私は棒切れを投げただけだ。

帰りにフェス会場に寄って川遊びをして、湯うどんを食べて帰路についた。

膝の具合は登りはともかく、下りが怖かったけれど、なんとか無事に歩けました。ちょっと自信がついたので、だましだまし次の山行をもくろんでいます。

中身の濃い日曜日の午前であった。
  1. 2006/05/21(日) 22:25:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【音楽】“元祖”のライブ録音公開


3月25日に曙橋バックインタウンで行ったライブの実況録音を、私のブログにて公開中です。御用とお急ぎでない方は、寄ってらっしゃい、見てらっしゃい。

ファーストセット、50数分ノーカットですので、覚悟してDLしてください。

http://newdoe.moe-nifty.com/

ご感想なりともいただければ嬉しうございます。楽しさが伝われば幸いです。


※公開終了しました。
  1. 2006/05/10(水) 12:01:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元祖@バックインタウンライブ音源

元祖@BIT_1
遅くなりましたが、私がバンジョーを弾いているあんにゃもんにゃバンド、“元祖”が去る3月25日に、曙橋バック・イン・タウンに出演した際のライン録り音源をPodcastで公開します。未編集ですのでそのまんまです。まずはファーストセットの模様から。当日は慣れないコンデンサーマイク一本でしたので、人数の多いわれわれはローテーションを誤ったら大変なので、気を使いました。少しだけ...。

てなわけで、お楽しみください。
 

  1. 2006/05/10(水) 11:22:25|
  2. Bluegrass Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次男坊ご帰還

いえいえ、そんなにたいそうなこっちゃありません。

今年から大学生になった次男坊が、ワンダーフォーゲルサークルに入っての初山行から帰ってきただけのお話です。
彼は連休中、新入生歓迎山行とやらで、雲取山に登ってきたのだが、前準備のため学校泊、雲取山にて幕営、下山後の歓迎会で酔いつぶれ部室泊、と都合4日間家にいなかったわけだ。

雲取山は東京都最高峰にして、標高2,017メートルを誇る奥多摩の盟主である。新入生の初山行にしては少々乱暴な気もするが、伝統あるサークルであるらしいので、ま、よかろう。家内などはだいぶ心配だったようだが、多少なりとも山を歩く私は、彼が先輩に言われて周到に準備する様を見ていて、これなら、と安心した次第だ。

私と一緒に、丹沢や箱根をハイキングしたことはあるものの、本格の山歩きなどしたことのない彼が、共同装備などを含め30キロはあろうかというザックを歩荷(ボッカ)したという。当然ながら、靴擦れはできるは、足はつるはで相当ばてたらしい。
しかし山頂からの日の出や富士山の姿、そして仲間との語らいに、疲れも忘れたそうな。

なんだかちょっと精悍な感じになって帰還した息子の姿を、にやにや眺めている親バカな私である。

Shiranami
昨日の日曜日は浜辺も風が強く、時折雨も舞うので、いつもの遊び場には誰も来ていなかった。バロン犬の独り舞台だ。白波だった海からはゴーゴーと海鳴りの音が迫ってくる。なのにバロン犬め、波打ち際に一目散。やっとのことで制止した。

Hamahirugao

浜昼顔もいつの間にか咲いていた。その浜昼顔の群生を容赦なく踏んづけて行くバロン、待て、こら!!

  1. 2006/05/08(月) 11:19:03|
  2. 日記・コラム・つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【家族】次男坊の帰還



いえいえ、たいそうなこっちゃありません。

次男坊が大学のワンゲルサークルに入っての初山行から帰ってきただけの話です。
連休中、前準備のため学校泊、雲取山にて幕営、下山後の歓迎会で酔いつぶれ部室泊、と都合4日間姿を見なかったわけだ。

雲取山は東京都最高峰にして、標高2,017メートルを誇る奥多摩の盟主である。新入生の初山行にしては少々乱暴な気もするが、伝統あるサークルであるらしいので、ま、よかろう。

私と一緒にハイキングくらいしか行ったことのないやつが、共同装備などを含め30キロはあろうかというザックを歩荷(ボッカ)したという。相当ばてたらしい。
しかし山頂からの日の出や富士山の姿、そして仲間との語らいに、疲れも忘れたそうな。

なんだかちょっと精悍な感じになって帰還した息子の姿を、にやにや眺めている親バカな私である。


昨日の日曜日は浜辺も風が強く、時折雨も舞うので、いつもの遊び場には誰も来ていなかった。バロン犬の独り舞台だ。白波だった海からはゴーゴーと海鳴りの音が迫ってくる。なのにバロン犬め、波打ち際に一目散。やっとのことで制止した。

浜昼顔もいつの間にか咲いていた。
  1. 2006/05/08(月) 09:50:00|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【食】こんな感じです。



写真で味がわかるものでもないけど、まあこんな感じです。

わし、食べ終わってもなお、意地きたなく茶碗舐めてます。

ついでながら、昨日の我が家の忠犬バロン号のスナップを。仲良しのシーズー犬とのツーショット。(馬入河口付近)

日々犬馬鹿入道なり。
  1. 2006/05/05(金) 19:10:00|
  2. うまいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【食】たまご



相州大山の麓、伊勢原の方に秘密の遊び場がある、。といってもワン公を遊ばせる遊び場であって、わたしが何か怪しいことをするわけではない。

で、その遊び場に行く途次、たいそう流行っているたまご屋さんがある。生産直売所であって、まあ、売店です。いつでも行列していて、最初はラーメンの行列か、と思いやり過ごしていたら、たまごであった。

これが実にとてもおいしいたまごだったのである。殻が堅い、白身が透明、黄身がぷにょぷにょ、弾力があり・・・、とまあ昔は当たり前だっのだろうけど、。。なにしろおいしくて、たまかけご飯にするとたまらないのだ。

でもわたしはたまごのために行列はしたくない。かといっておいしいたまかけご飯は食べたい、板挟みで困っていたら、なぁんだ、予約を受けてくれるというのだ。

というわけで、当分のあいだ、ご飯が楽しみなのです。これは確実に太りますね。
  1. 2006/05/02(火) 11:00:00|
  2. うまいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【音楽】バンジョー祭りに行ってきた。


いやいや、楽しかった!
バンジョー三昧な宵でした。

バンジョーがテーマのイベントでこんなに楽しめるなんてすごいなぁ!

バンジョーってかっこいいもんだなぁ、と思えた一日でした。

NewDoe & BaRonのブログに少々駄文を載せましたので、よろしかったら見てくだされ、写真なども少々アップしております。

http://newdoe.moe-nifty.com/baron/2006/05/post_4a1d.html
  1. 2006/05/01(月) 20:19:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横濱バンジョー祭り

Banjomatsuriなんとも楽しいイベントでした。

演奏者は小学生から白髪の年配の方まで、あらゆる世代の人が次から次へ4弦、5弦、長短、いろいろなスタイルでバンジョーを持って登場。4時間強のステージを全く飽きさせることなく、本当に堪能させていただきました。

会場のライブハウス「Thumb's Up」はお料理もおいしく、お酒も豊富。飲んべえで食いしん坊のわたしは大いに気に入ってしまいました。珍しく同道した、出不精でブルーグラスばかりだとすぐに退屈してしまう、我が家の山の神も満足気であった、と思う。

ささやかな写真を右サイドのフォトアルバム「横濱バンジョー祭り」にアップしてありますご覧ください。

今回は、小学生オールドタイマーやDon Renoスタイルのイケメンバンジョー弾きくんなど特に若者達のがんばりが目を惹きました。
こういうイベントをきっかけにもっともっと若い人たちがバンジョーに興味を持ってくれたらいいな。なんて思ってみたり、わし、年寄りですね。

こんな素晴らしい企画をしてくれた原さん、青木さん、ありがとうございました。

  1. 2006/05/01(月) 07:26:28|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

BANJO入道

Author:BANJO入道
いらっしゃいませ!
湘南の偏屈人、BANJO入道のブログにようこそ。
お気軽にコメントくださいな。
♪♪ Listen!!! 入道のバンジョープレイ♪♪↓
Happy Mountain Trail



Use OpenOffice.org

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

つぶやいてます。なう!!


follow BanjoHoppie at http://twitter.com

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。