BANJO入道's PLAYGROUND

バンジョーと山をこよなく愛する遊蕩おやじの絵日記。ボーダーコリー犬「バロン&シャルロット」との日常などなど・・・。うたかたの日々を綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブログ移転

全然このブログ更新してませんが、管理人は無事です。

一時mixiに行ってたりしましたが、これもまた偏屈の虫が騒いで脱会。
いまはFC2ブログに落ち着いております。気ままに綴ってますのでご覧いただければ幸甚なり。↓
BANJO 入道's PLAYGROUND

このココログの方は遠からず消滅、、かなぁ。

スポンサーサイト
  1. 2008/06/09(月) 09:44:13|
  2. 日記・コラム・つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご無沙汰なり

いやはや、ご無沙汰しました。ブログなるもの、更新しないで放ったらかしにしておくと、いろいろなところから心配されてしまうんですね。まあ、歳ですからやむを得ないですな。
「病気じゃないか?」 とか、「入院したらしい」とか、ね。心配には及びません。元気ですよー。
ただちょっと業務多忙でして、HPもブログもさぼってます。
こういうものを義務に感じてしまって、「更新しなきゃ、更新、・・・・・・」なんて、ストレス溜めて病気になっちゃう方もいらっしゃるとか。わたしは生来の無責任男なのでヘッチャラですがね。

Ichimonkai

というわけで、22日、座間文化会館で行われた「談志一門会」に落語を聞きに行きました。
新橋演舞場での口演が不出来だった、と談志さんは、「情熱大陸」というTV番組のインタビューで語っていましたので、こういう大ホールでははたしてどうか、投げちゃうんじゃないか、、なんて心配をしてしまったのですが、なんの、なんの、すばらしかったです。「ねずみ穴」という話、初めて聞きましたが、ぐいぐい引き込まれました。火事の場面では思わず手に汗握るほどでした。本当に火炎が上がるところが見えた気がしました。談志落語のまさにイリュージョンです。

さて立川流一門のみなさんの落語はというと、談修さんは「堀之内」をさらりと軽快にやってトップバッターの役目を見事にこなしました。
続いて談春さん、もう貫禄です。「不動坊」でしっかり笑わせてくれます。
談慶さんの「洒落小町」は巧いのですが、早口でまくしたてるところがちょっと聞き辛かった。

座間のこの会館では長いこと昼席落語会というのを開催している。今まで見逃していたことが本当に悔やまれます。会館の一角に展示されていた、故古今亭志ん朝さんの直筆色紙を見ながら、ふと思ったのでした。「何事も一期一会だな」と。

※落語解説のリンクは「MASAYA'S PAGE」の「古典落語ネタ帖」に張らせていただきました。

  1. 2006/07/25(火) 09:06:06|
  2. 日記・コラム・つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

次男坊ご帰還

いえいえ、そんなにたいそうなこっちゃありません。

今年から大学生になった次男坊が、ワンダーフォーゲルサークルに入っての初山行から帰ってきただけのお話です。
彼は連休中、新入生歓迎山行とやらで、雲取山に登ってきたのだが、前準備のため学校泊、雲取山にて幕営、下山後の歓迎会で酔いつぶれ部室泊、と都合4日間家にいなかったわけだ。

雲取山は東京都最高峰にして、標高2,017メートルを誇る奥多摩の盟主である。新入生の初山行にしては少々乱暴な気もするが、伝統あるサークルであるらしいので、ま、よかろう。家内などはだいぶ心配だったようだが、多少なりとも山を歩く私は、彼が先輩に言われて周到に準備する様を見ていて、これなら、と安心した次第だ。

私と一緒に、丹沢や箱根をハイキングしたことはあるものの、本格の山歩きなどしたことのない彼が、共同装備などを含め30キロはあろうかというザックを歩荷(ボッカ)したという。当然ながら、靴擦れはできるは、足はつるはで相当ばてたらしい。
しかし山頂からの日の出や富士山の姿、そして仲間との語らいに、疲れも忘れたそうな。

なんだかちょっと精悍な感じになって帰還した息子の姿を、にやにや眺めている親バカな私である。

Shiranami
昨日の日曜日は浜辺も風が強く、時折雨も舞うので、いつもの遊び場には誰も来ていなかった。バロン犬の独り舞台だ。白波だった海からはゴーゴーと海鳴りの音が迫ってくる。なのにバロン犬め、波打ち際に一目散。やっとのことで制止した。

Hamahirugao

浜昼顔もいつの間にか咲いていた。その浜昼顔の群生を容赦なく踏んづけて行くバロン、待て、こら!!

  1. 2006/05/08(月) 11:19:03|
  2. 日記・コラム・つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牡丹らしい

BotanBotanshiro表題の通り、牡丹だか、シャクヤクだか判然としなかった花は牡丹だそうです。 ボタンは「木」,シャクヤクは「草」なのだそうです。で、我が家のはどう見ても草ではないから、牡丹である。

と、今日はそれだけの話題です。

  1. 2006/04/28(金) 10:09:11|
  2. 日記・コラム・つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャクナゲ

我が家の庭に咲いたのはたったの一輪だけなのだが、この花はどこか華やいだ風情があって好きだ。富士山お中道付近に咲いていた白いシャクナゲをもう一度見たいと思うが、あれは7月頃だろうか。
Shakunage_2
そろそろ、ボタン、いや、ひょっとしたらシャクヤクかもしれない。(どうもよく分からないのだ。)そのどっちだか判然としない花の蕾がまもなく開きそうだ。・・・とこれを書いた翌日に大きな真っ赤な花が開きました。豪華です。

さて、バロン犬め、どうもまた家内の大事に育ているクレマチスの茎を食いちぎったようだ。「お前、やったでしょう!」ときつく叱られ、うすらとぼけた顔をしていた。

  1. 2006/04/23(日) 10:34:00|
  2. 日記・コラム・つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

BANJO入道

Author:BANJO入道
いらっしゃいませ!
湘南の偏屈人、BANJO入道のブログにようこそ。
お気軽にコメントくださいな。
♪♪ Listen!!! 入道のバンジョープレイ♪♪↓
Happy Mountain Trail



Use OpenOffice.org

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

つぶやいてます。なう!!


follow BanjoHoppie at http://twitter.com

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。